創立30周年
合気道開祖 植芝盛平翁
【合気道開祖 植芝盛平翁】
全国合気道演武大会

合気道とは

合気道は、開祖植芝盛平翁(1883〜1969)が日本伝統の武術の奥義を極め、さらに厳しい精神的修行をへて術から道へと発展させた現代武道です。

合気道は相手といたずらに力で争いません。入身と転換の体捌きから生まれる技によって、お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成を図るのを目的としています。合気道は他人と優劣を競うことをしないため、試合を行ないません。お互いを尊重するという姿勢を貫く合気道はいのちの大切さが訴えられる現代に相応しい武道といえるでしょう。

合気道の特色

合気道は競技を行いません。お互いの習熟度に合わせて技を繰り返し稽古することで心身の練成をはかることを目的としていますので誰でも稽古を行うことができます。

稽古の積み重ねが健康によいのは言うまでもなく、日常の生活において何事にも積極的にとりくむ自信が自然と培われてきます。また道場には年令、性別、職業、国籍を問わず多くの人々が集まってきますので、稽古することは人間関係の眼を深めるためには最適です。

合気道の稽古に終わりはありません。稽古をはじめたら根気強く続けることです。うまずたゆまず求めてください。稽古を続けることが進歩への第一歩であり稽古の大切な一面でもあるのです。

財団法人合気会公式サイトより引用)

合気道とは